株式会社LIXIL

『Anews』で世の中の兆しを捉え、
住環境を予測する

株式会社LIXIL

100年以上の歴史を持つブランドを展開しているLIXILグループ。その中核を担う株式会社LIXILは、2011年にトステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリアの5社が統合して誕生。さらに、グローバルブランドが加わることで、ビジネス体制はより強固なものになりました。グループ全体で目指しているのは、人びとの豊かで快適な住まいと暮らしの実現。日本のものづくりの伝統を礎に、世界をリードす る技術やイノベーションで、高品質な製品を開発・提供しています。長きにわたる信頼と実績を誇りに、未来に向かって成長を続けている企業です。


目的

・技術分野、世の中の兆しを 捉えるための情報を得たい
・社員への有益な情報提供


課題

・新しい情報を取得する労力がかかる
・情報の裏づけに時間と労力がかかる


効果

・新鮮な情報の入手
・情報感度の向上、および、視野の拡大
・思考の質の向上

『Anews』で海外を含めた技術情報を収集。
研究員の気づきや新規事業の創出に貢献したい

【取材にご協力いただいた方】

Technology Research 本部 先端コア技術研究所 先端技術 3 グループ グループリーダー 小野 勝男 様
研究企画管理部 技術ナレッジ共創 G グループリーダー 並木 学 様

左から小野様、並木様

株式会社LIXILについて

並木様:

株式会社LIXILは、2011年に国内の主要な建材・設備機器メーカー5社が統合して誕生し、LIXILグループの中核を担っています。私たち が属している研究部門では、5年から10年先の住環境について予測し、必要となる技術やサービスを考えています。注力したいのは、一人ひとりに最適な住まいの提供(パーソナライズ)と、社会の変化に柔軟に対応する住環境の整備(ソーシャライズ)です。数多くの社会的な課題を解決するような技術やサービスのヒントを見つけるのが、私たちの役割です。

他サービスと比較して『Anews』がもっとも有益な情報を得られた

小野様:

2018 年 10 月に開催された ILS(イノベーションリーダーズサミッ ト)にストックマークが出展していて、そこで初めて『Anews』を知りました。 話を聞いたら、AI がそれぞれのビジネスチームに必要な情報をサジェストしてくれるというサービスでした。これは役に立ちそうだと思ったので、まずはトライアルで体験させてもらうことに。最も惹かれた点としては、『Anews』には国内外の3万以上のメディア、うち2万以上の海外メディアに掲載されている情報にリーチ可能なことでし た。『Anews』を使えば、まだ住宅分野では使われていないものの、応用次第でこの業界にも活用できそうな情報を得られると思い、2019年1月に正式導入を決定しました。他にもさまざまなサービスを試した中で、もっとも多様な分野の技術情報をカバーできるサービスが『Anews』でした。

「良い情報が載っている」と社員たちから今までにない好反応があった

並木様:

研究員のなかには、自身の専門分野について、積極的に『Anews』 を使って情報収集をする人も出てきました。今年7月からは、社内の研究員30名ほどに『Anews』を使うようになりましたが、すでに数名から、「これまで知らなかった情報、役立つ情報が入ってくる」という声があがっています。

小野様:

『Anews』では、定期的に質のいい情報をシャワーのように浴びることができます。それに見た瞬間「おっ!」と、驚きがあるような、ピンポイントでほしかった情報が得られる頻度が多くなってくると、もっと使いたくなりますよね。これまでは素通りしてしまったような情報に対しても、「読んでみたら意外と役立つかも …?」と好奇心をもてるようになりました。おかげ で視野が広がった気がします。

並木様:

『Anews』を使うようになってから、私たちが触れている情報の「量」 と「質」がどちらも高まりました。研究員のサポートのため、社内の情報デー タベースに研究員向けの情報を流しているのですが、『Anews』を導入してからは、各研究室の部門長が、部下に対して「データベース内に良い情報が載っているから、見た方がいい」と言ってくれるようになったんです。今まではなかった嬉しい反応ですね。

多くの情報に触れることで、情報感度が高まっていく

小野様:

『Anews』によって思考の質が高まっているように感じます。もともと、「情報収集は作業ではなく、思考する時間」と考えていました。だから、質のよい情報に触れることで、これまで出そうで出なかった策が形になったり、思わぬところで知識がつながって新たな発見として実を結んだり。質のよい情報を逃さずキャッチするにはある程度の経験も必要だと思います。その意味では、『Anews』で毎日たくさんの情報に触れることは、情報感度の向上につながります。『Anews』はそういった基礎教育的な部分を担ってくれていると考えています。

新規事業創出や、メンバー間のコミュニケーションの活性化にも役立てたい

並木様:

研究員が求めている情報や、気づきを与えられるような情報を提供していきたいです。それによって新たな事業が生まれたり、そうでなくても世の中を変えるきっかけになったり。情報がもつ可能性は無限ですからね。

小野様:

最近『Anews』の利用メンバーが増えてきたので、情報のシェアや、 シェアされた情報に対する活発な意見交換が行われる環境をつくっていけたらと思います。『Anews』を通してさらに社内のコミュニケーションを密にしていけたらいいですね。

社名 株式会社LIXIL
事業内容 LIXIL は、世界中の誰もが描く住まいの夢を実現するために、
先進的なトイレ、お風呂、キッチンなどの水まわり製品と
窓、ドア、インテリア、エクステリアなどの建材製品を開発、提供しています。
設立 2001年10月1日
従業員数 約19,000人
URL https://www.lixil.co.jp/

 

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.