mail
MENU CLOSE

Cases 株式会社LIXIL

Anews

『Anews』で世の中の兆しを捉え、10年後の住環境を予測する

cases-lixil

100年以上の歴史を持つブランドを展開しているLIXILグループ。その中核を担う株式会社 LIXILは、2011年にトステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリアの5 社が統合して誕生。さらに、グローバルブランドが加わることで、ビジネス体制はより強固なものになりました。グループ全体で目指しているのは、人びとの豊かで快適な住まいと暮らしの実現。日本のものづくりの伝統を礎に、世界をリードする技術やイノベーションで、高品質な製品を開発・提供しています。長きにわたる信頼と実績を誇りに、未来に向かって成長を続けている企業です。


[取材にご協力いただいた方]
Technology Research 本部 先端コア技術研究所 先端技術 3 グループ グループリーダー 小野 勝男 様
研究企画管理部 技術ナレッジ共創 G グループリーダー 並木 学 様


小野様と並木様が所属されている研究部門では、5年から10年先の住環境について予測し、必要となる技術やサービスを考えています。一人ひとりに最適な住まいの提供(パーソナライズ)と、社会の変化に柔軟に対応する住環境の整備(ソーシャライズ)に注力しており、数多くの社会的な課題を解決するような技術やサービスのヒントを見つけることが役割です。

質の高い情報に触れることで、情報感度が高まっていく

国内外の3万以上のメディア、うち2万以上の海外メディアに掲載されている情報にリーチ可能だったことが導入のポイントになったLIXIL様。

研究員のサポートのため、社内の情報データベースに研究員向けの情報発信にAnewsを活用。研究室の部門長が、部下に対して「データベース内に良い情報が載ってるから、見た方がいい」と伝えるほどに。国内外の情報収集が必須の研究部門で、情報収集から思考の質を高めるための秘訣をLIXIL様に伺いました。

Report

導入事例をダウンロード

資料の送り先をフォームに入力し、送信をお願いします。
LIXIL様の導入事例を、担当者からメールでお送りいたします。