mail
MENU CLOSE

Cases 株式会社セブン銀行

Anews

『Anews』で得た情報を発想源に、新たなサービスを創出していく

cases-seven

「セブン‐イレブンにATM が、あったら便利なのに…」というお客さまの声から、2001 年に生まれたのがセブン銀行様。ATM事業を主体とする新しい形態の銀行で、「いつでも、どこでも、だれでも、安心して」をモットーに、ATMサービスを提供しています。「安心と安全の確保」「利便性の向上」「多様なお客さまへの対応」「環境への配慮」の4 つを重視して開発された、”24時間365日止まらない “ATMの設置台数は、全国で25,000台以上。1日に約220万人が利用しています。既存サービスの改良に加え、多様化するお客さまのニーズに柔軟な対応ができるよう、各事業では独自サービスの開発にも取り組んでいます。


[取材にご協力いただいた方]
専務執行役員 セブン・ラボ 松橋 正明 様
セブン・ラボ サブリーダー 西井 健二朗 様


同社の「セブンラボ」は2016年4月に、ATM事業に次ぐ新しい事業を見つけることをミッションとする組織です。ゼロイチで事業を探したり、スタートアップに限らず、オープンイノベーションでアセットを持っている企業同士を組み合わせて考えたりとさまざまな手法で取り組んでいます。

『Anews』導入で情報収集にかかる時間が従来の3 分の1 に

導入前は、毎日の日課として一人につきおよそ30種類のサイトの情報をチェックして情報収集を行っていたセブン銀行様。

Anewsを導入後は、自分に必要な情報をAIが自動で収集してくれるため、情報収集にかかる時間が従来の3分の1になったと体感しているとのことです。浮いた時間は企画の構想にあてることができ、良い情報があればチーム内に共有することで、共通の話題からコミュニケーションの活性化ができると語るセブン銀行様にAnewsをどのように活用しているか話を伺いました。

Report

導入事例をダウンロード

資料の送り先をフォームに入力し、送信をお願いします。
セブン銀行様の導入事例を、担当者からメールでお送りいたします。