mail
MENU CLOSE

Cases サントリーホールディングス株式会社

Anews

メンバーの興味関心、アウトプットの理解にも有用な情報収集ツール

cases-suntory

1899年、ぶどう酒の製造販売からスタートしたサントリー。酒類や清涼飲料を中心に幅広い事業を国内外で展開し、着実に成長を続けています。お客さまに約束することは次の3つ。地球にとって貴重な水を守り、水を育む環境を守っていく。水があらゆる生き物の渇きを癒すように、社会に潤いを与える企業であり続ける。水のように柔軟に常に新しいテー マに挑戦し、新たな価値を創造していく。創業以来、脈々と受け継がれている「やってみな はれ」の精神で、誰もがやらないことに積極果敢に挑戦し、これまでにない新たな価値を持った商品やサービスを創り出すことで、人々の豊かな生活文化の実現に貢献しています。


[取材にご協力いただいた方]
グローバルヘルスケア開発部 兼 研究企画部 課長 鈴木 雄一 様


鈴木様が所属する、SUNTORY X STARTUPチームは、「既存事業に留まらず、新たな切り口によるソリューション創出したい」と考え、2017 年に発足しました。オープンイノベーションの可能性を探っているのは、主に「健 康」の領域で、ベンチャー企業とタッグを組むことによって、新しい技術やアイデアを生み出し、社会課題の解決に貢献することを目指しています。

メンバーの興味関心を共有することで、一人ひとりのアンテナが広がる

情報収集はインターネットのキーワード検索を使っていたが、出てきた情報が整理されておらず、情報量が多すぎるのですべてをチェックすることができなかったりと、課題が山積みだったサントリーホールディングス様。

Anewsを導入することで、毎日ピックアップされてくる記事を閲覧することで、無理のなく続けられる情報収集を実現。お互いが読んでいる記事もわかり、無意識的にチーム全体の情報に対するアンテナが広がり、情報感度の向上を実現したAnewsの活用について話を伺いました。

Report

導入事例をダウンロード

資料の送り先をフォームに入力し、送信をお願いします。
サントリーホールディングス様の導入事例を、担当者からメールでお送りいたします。