mail
MENU CLOSE

Event

イベント告知

ドリームインキュベータと考える-アフターコロナの変化の読み解き方と新規事業の創出

セミナー概要

今、大きな変化が起きている中でどのように市場を捉えるべきなのか?事業開発や新規事業に取り組む方は課題に直面していることと思います。あらゆる角度から多面的な情報収集が求められ、環境変化によって起きる「リスク」と「チャンス」を正確に捉えながら、新たな事業の創出を実現していく必要がある。

今回は、株式会社ドリームインキュベータの執行役員として、様々な新規事業の創出をビジネスプロデュースしてきた野邊氏をお招きし、対談形式で「アフターコロナの変化の読み解き方と新規事業の創出」のヒントを探ります。

対談の中では、以下の2つのテーマついてドリームインキュベータの考えを講演いただき、
・アフターコロナにおける市場の変化のポイント
・事業創造におけるビジネスプロデュースのフレームワークと実践法
弊社代表の林とディスカッションをいたします。

大きな岐路に立たされている新規事業部門。事業を創出していくためのフレームワークと実践法がどうあるべきなのか?明日から使えるヒントを見つけていただけると幸いです。

このような方におすすめ

・アフターコロナの変化をどのように読み解けば良いかのヒントが欲しい方
・事業創造のフレームワークや実践法を体系的に捉えたい方
・最新の新規事業創造におけるビジネスプロデュースの考え方を知りたい方
・明日から使える新規事業の創出のためのヒントが欲しい方

登壇者

野邊 義博 氏

株式会社ドリームインキュベータ

執行役員 ビジネスプロデュース担当

東京工業大学工学部経営システム工学科卒業、同大学院経営工学専攻修了(経営工学修士)後、新卒でDIに入社。主に、新規の事業創造支援(事業企画~参入戦略策定~組織作り~業務設計~システム開発~立ち上げ支援~投資先探索・評価・投資実行支援等)を手掛ける
また、全社の中期経営計画策定や、主力事業の再成長戦略の策定、技術の事業性評価や投資判断評価、営業組織改革、経営幹部候補育成等、オーソドックスなコンサルティングPJも幅広く担当。最近は、DIの新サービス開発や技術開発、デジタライゼーション等にも取り組む。

林 達

ストックマーク株式会社

代表取締役CEO

東京大学文学部宗教学科卒業。伊藤忠商事にて投資戦略策定及び事業投資、事業会社管理業務に従事。学生時代には、東京大学・北京大学・ソウル大学の学生交流ネットワークにて、300名規模のフォーラムを主催。その後、東アジアの富裕層向けインバウンドサービスを提供するスタートアップを設立、大手旅行代理店との提携、行政との共同事業を成功させる。2016年、ストックマークをスタートさせ、AI✕テキストマイニングを強みとするSaaSであるAnews、Astrategy、Asalesを開発・運営中。AIによって日本企業のビジネス・プロセスを再定義し、グローバルでの競争力を高めるべく奔走中。

開催概要

日   時:2020年9月29日(火) 11:00-12:00
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社