Tag: Anews

2019年 12月 03日

【レポート】Stockmark Co-Evolution開催!
〜テキスト解析によって進化するDX〜

大手企業2,000社のR&Dや新規事業などのDXを支援するStockmarkが現場の裏側やノウハウを公開しました!    デジタル時代を迎えた今、多くの企業では既存のビジネスから脱却し、新しいデジタル技術を活用することによって、新たな価値を生み出していくことが求められています。 デジタル・トランスフォーメーション(DX)が叫ばれる中、企業ではDXを推進する組織が構成されたものの、何をしていいかわからない、うまくいっていない、という企業が多く見られるのが現状です。 Stockmarkは、文章を解析するAIのリーディングカンパニーとして、これまでに多くのお客様の新規事業やR&D、事業開発をご支援してまいりました。 去る11/25、DXのベスト・プラクティスを集めて、ノウハウや知見を共有する場を設けました。最新のテキスト解析技術を用いたDXや、ビジネス創出の方法論や組織論など、事例を交えながらご紹介しました。    今回はイベントを2部構成としました。第1部はDXについての考察を深めます。「DXを阻む壁とAIを活用した知識創造と事業創造 」と題し、ストックマーク アルケミストの森住が、DXの成功を幅む壁は何か、またDXに必要なマインドや思考方法について、またテクノロジーを活用したDXに必要な組織や方法論などの知見やノウハウを事例とともに共有しました。 さらには新規事業を進める上で、今必要とされるアート思考について、デザイン思考との違いも含めて解説しました。 後半は、DXを進める上でのソリューションとして、Stockmarkの各プロダクトオーナーが実際の事例やユースケースをご紹介しました。 「DXを支援するStockmarkソリューションのご紹介〜Anews&Astrategy〜 」 はじめにAnews プロダクトオーナー高木が登壇。Anewsは、ビジネスに直結する情報を世界中から収集/配信し、チーム内でのナレッジシェアをサポートすることで組織の進化を促します。 DX推進の阻害要因の上位は、「組織」に関するものです。答えのない施策を推進することの難しさを表したものと言えるでしょう。組織(チーム)でのナレッジシェアは知の幅を広げ、イノベーションの可能性を広げます。    次にAstrategy プロダクトオーナー戸田が、変化を捉え、いち早く戦略を打ち出すための情報をAIが収集/分析するAstrategyをご紹介。 いつ何時、他業種からの「競合」が現れる可能性がある現代においてこそ「調査業務」はますます重要になっています。 勝ち抜くためには、事前に競合や未知なる敵の情報を掴むことが大切です。Astrategy は 「企画フェーズ」「企画実行フェーズ」における「調査業務」を支援し、いち早く外的変化を捉えることを可能にします。    第2部は、事業に直結する営業にフォーカスしたセッションです。「売上拡大に効くDX!AIを活用したテキストデータの活用と営業の強化」第1部に続き、アルケミスト森住が、登場。 売上に直結する営業部門の生産性向上や働き方改革は経営課題喫緊の課題となっています。 今までの経験と感に頼る属人的な営業からデータドリブンにしていくべきであり、その根拠と進め方について、ブレイクスルーを起こした技術を用いたテキストデータ活用の観点から話しました。    後半は、営業に特化したソリューションAsalesをより具体的にご理解いただくため、プロダクトオーナーの原部が登壇。企業に眠るビジネステキストデータ(日報、お客さまの声、報告書など)をどのように活かすべきか。Asalesは、それらをAIによる分析、重要情報の抽出・分類することにより、営業支援、経営に役立つインサイトをご提供します。 「DXを支援するStockmarkソリューションのご紹介〜Asales〜」Asales プロダクトオーナー  原部 智哉    Stockmark Co-Evolutionイベントには、多くのR&D、新規事業、DX推進事業、営業企画/経営企画などに携わられる方にご来場いただきました。皆様熱心に耳を傾けてくださり、ありがとうございました。 Stockmarkは最先端の自然言語処理のテクノロジーを研究開発し、企業のDXの一助になりたいと願っております。VUCAな時代における企業のさらなる進化のとなりに寄り添えるよう、常にお客様の声に耳を傾け、日々プロダクトをブラッシュアップをしていくと共に、この技術やお客様と培ったDXのノウハウを多くの企業と分かち合っていきたいと思っております。     Stockmark Co-Evolution 〜テキスト解析によって進化するDX〜https://stockmark.co.jp/news/seminar/20191125
2019年 10月 28日

【開催レポート&資料公開】ML@Loft #6 × MLPP #4 – 自然言語・レコメンド・時系列解析

9月20日に開催された「ML@Loft #6 (NLP/レコメンド/時系列解析)」に、エンジニアの押条が「Anews」の機能「Who Knows What?」のアーキテクチャーを紹介いたいました!   [button url="https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/event-report-ml-at-loft-6/" text="記事を読む!"]   また、お悩み相談会として参加の皆様からの質問にお答えするパネルディスカッションでも登壇いたしました。   [button url="https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/event-report-ml-at-loft-6/" text="記事を読む!"]
2019年 1月 22日

「AIビジネス変革フォーラム 2019」の見どころをご紹介します

いよいよ2日後に弊社イベント「AIビジネス変革フォーラム 2019」の開催が近づいてまいりましたので、各セッションの見どころをご紹介します。 【開催概要はこちら】名称  :AIビジネス変革フォーラム 2019日時  :2019年1月25日(金)15:30-19:30(開場15:00)会場  :ベルサール御成門タワー イベントページは下記をご覧ください。※残り若干名お席がございます。https://stockmark.co.jp/ai_biz_forum_2019/ 【各セッションの見どころ】Keynote Speech:人工知能学会会長の浦本 直彦氏・人工知能の技術的な課題とそれに対する最新の技術的な発展についてご紹介いただきます。 今後AIが広く利用されていくことが想定されるなか、ビジネスを展開するうえで知っておくべき技術はなにか、お話いただきます。 Keynote Session:セブン銀行松橋氏、JTB上田氏・AIを推進しておられる両名より意思決定の際の向き合い方、どのようなマインドで組織を動かすべきか、皆様のAIビジネスの一助となるようその経験やノウハウを共有頂きます。 事例から学ぶ(パネルディスカッション):三井物産戦略研究所 難波田氏・みずほ銀行 白河氏・AI導入におけるご体験を、赤裸々にお話いただきます。AI導入においての定石のイメージを皆様にお届けします。事例から学ぶ(セッション):セールスフォース エバンジェリスト早川氏・セールスフォースのAI「アインシュタイン」のエバンジェリストよりビジネスプロセスにAIを組み込んだ後におこる変化を事例とともにお話いただき、皆様の想像を掻き立てられればと思います。 その他セッション・開会に先立ち、CTO有馬から弊社サービスを支えるAI(自然言語処理)技術のトレンドについてお話しさせていただきます。いよいよ自然言語においても画像認識同様のブレイクスルーが到来します。自然言語が支えるビジネス領域は、技術者だけではなくビジネスマンが主役となって作るモノ領域です。これからのビジネスマンとしてどうやって世界で戦っていくべきか講演します。 そのほか、国内の有望スタートアップブースなど、様々なコンテンツをご用意しています。皆様にお会いできますこと、弊社一同心よりお待ち申し上げます。
2017年 10月 31日

Anewsがみずほ銀行様主催「Mizuho Innovation Award」を受賞

いつもAnewsをご利用いただき真にありがとうございます。 この度、みずほ銀行様がイノベーティブな事業に挑戦するスタートアップ企業の成長をサポートしていく観点から、有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho Innovation Award」を創設され、Anewsが受賞いたしました。 1,400 社を超える会員メンバーの中から、そしてAward創設初回での受賞となり、大変光栄です。 引き続き皆様のご期待に応えられるようプロダクトのブラッシュアップに努めて参ります。 <みずほ銀行様プレスリリース> 「Mizuho Innovation Award」の創設について(2017年10月30日) ホワイトカラー業務の20%は「情報収集」に使われています。 さらに、組織・チームでチェックすべき重要ニュースはほとんど同じにもかかわらず、 いまだに各個人で非効率な情報収集が行われています。 全てのビジネス活動のベースとなる「情報収集」をAIで効率化することで、ホワイトカラーの生産性向上を引き続き目指します。 Anewsは、経済産業省様、帝人様、セブン銀行様、博報堂様、三菱商事様、リクルート様など、リリースから半年ですでに450社様以上にご利用いただいています。 最先端のAIアルゴリズムが、国内外3万メディア以上から各企業・チームに最適化された最新WEBニュースを毎日配信いたします。 さらに、ニュースを通じたコミュニケーション機能や、管理者向けの各種アナリティクス・リマインド機能により、メンバーの情報収集・ナレッジシェアの効率化を促進することが出来ます。 【 Anewsで業務生産性を一気に向上させましょう 】 最先端のAIが国内外3万メディア以上から各部署に最適化されたニュースを毎日配信、情報収集時間が大幅に削減されます。 英語メディアの最新ニュースもAIがセレクションして配信、翻訳機能とあわせて使えば効率的に情報収集出来ます。 ニュースに「いいね」「コメント」することで、部署内のコミュニケーション・ナレッジシェアが一気に加速します。 膨大な記事データベースから、各組織の興味に応じた結果を表示する検索機能や関連記事機能で、最適なニュースにすぐにアクセス。 ディープラーニングベースの自動要約機能により、ニュースの重要度選別や閲覧コストの削減をサポート。 強力なアナリティクス機能で、メンバーの利用行動や興味を可視化、未読メンバーにはすぐにリマインド可能です。 【 Anewsはこんなニーズをお持ちの部署様に最適です 】 新規事業・経営企画 テクノロジー・事業提携等、日々スピードの速いビジネスシーンで、必要な情報を素早く収集 セールス ハイパフォーマーの知識をメンバーにシェアし、クライアント情報を隅の隅まで知り尽くす リサーチ・開発 グローバルな情報を素早く収集し、チーム内で効率的にシェアすることで、他社の一歩先へ 人事・HR 個人別に利用状況を可視化して、各社員の情報感度を明確に把握し、社員の生産性を向上 広報・マーケティング 自社・自社製品のレピュテーションをグローバルにチェックし、社内にも簡単に共有 【 お問い合わせ先 】 ストックマーク株式会社 担当:森井(info@stockmark.xyz)
2017年 10月 26日

Anewsが「HRアワード2017」にて優秀賞を受賞

この度、日本の人事部様が主催する「HRアワード2017」にて、300を超えるエントリーの中から、人材開発・育成部門における「優秀賞」を受賞いたしました。 ホワイトカラー業務の20%は「情報収集」に使われています。 さらに、組織・チームでチェックすべき重要ニュースはほとんど同じにもかかわらず、 いまだに各個人で非効率な情報収集が行われています。 全てのビジネス活動のベースとなる「情報収集」をAIで効率化することで、ホワイトカラーの生産性向上を引き続き目指します。 【 HRアワード2017とは 】  (以下、日本の人事部様サイトより引用) 日本の人事部「HRアワード」は、人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、人事や人材開発に関わる全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールド全体の活性化を実現することを目的としています。 企業の経営者や管理職、採用・育成ビジネスや人事サービスを展開する企業の皆さまによる投票結果を基に各賞を決定する選考方式が「透明性・公平性が高く、信頼できる」と、ご好評の声をいただいている本賞。2012年は1,107人、2013年は1,875人、2014年は2,462人、2015年は3,647人、2016年は5,602人の方々にご投票いただくなど、注目度は年々高まっており、HR関連では最も権威のある賞と言われています。 日本の人事部「HRアワード」によって、企業人事部やHRビジネス企業の優れた活動や成果の事例が社会で広く共有され、日本の全ての企業の人事部がより戦略的に業務を遂行すること、さらには人フィールド全体が活性化することを願っています。 300を超えるエントリーの中から、厳正なる審査を経て53件が入賞(ノミネート)。『日本の人事部』会員6081人の投票、選考委員会による最終選考を経て、14組の受賞が決定しました。2017年のHRを代表する顔ぶれをご覧ください。 HRアワードWebサイト 選考結果一覧 【 Anewsで業務生産性を一気に向上させましょう 】 最先端のAIが国内外3万メディア以上から各部署に最適化されたニュースを毎日配信、情報収集時間が大幅に削減されます。 英語メディアの最新ニュースもAIがセレクションして配信、翻訳機能とあわせて使えば効率的に情報収集出来ます。 ニュースに「いいね」「コメント」することで、部署内のコミュニケーション・ナレッジシェアが一気に加速します。 膨大な記事データベースから、各組織の興味に応じた結果を表示する検索機能や関連記事機能で、最適なニュースにすぐにアクセス。 ディープラーニングベースの自動要約機能により、ニュースの重要度選別や閲覧コストの削減をサポート。 強力なアナリティクス機能で、メンバーの利用行動や興味を可視化、未読メンバーにはすぐにリマインド可能です。 【 Anewsはこんなニーズをお持ちの部署様に最適です 】 新規事業・経営企画 テクノロジー・事業提携等、日々スピードの速いビジネスシーンで、必要な情報を素早く収集 セールス ハイパフォーマーの知識をメンバーにシェアし、クライアント情報を隅の隅まで知り尽くす リサーチ・開発 グローバルな情報を素早く収集し、チーム内で効率的にシェアすることで、他社の一歩先へ 人事・HR 個人別に利用状況を可視化して、各社員の情報感度を明確に把握し、社員の生産性を向上 広報・マーケティング 自社・自社製品のレピュテーションをグローバルにチェックし、社内にも簡単に共有 【 本件に関するお問い合わせ 】 ストックマーク株式会社 担当:森井(info@stockmark.xyz)
2017年 9月 08日

東京都主催「ASACスタートアップアクセラレーションプログラム」に採択

東京都が主催するASACスタートアップアクセラレーションプログラムの第5期にAnewsが採択されました。 100名以上の豪華メンター陣のサポートを最大限に活用し、引き続き皆様のご期待に応えられるようプロダクトのブラッシュアップに努めて参ります。 ASACスタートアップアクセラレーションプログラムとは(以下、プレスリリースより引用) 東京都の政策課題の解決に結び付く分野や、ものづくり分野などベンチャーキャピタリストが投資しにくい分野等で起業に取り組む方々へ大きく成長してもらう機会と場を5ヶ月の集中アクセラレーションプログラムとして提供、過去4期で計39社が卒業、多方面で活躍しております。プログラムへの応募数は順調に増加しており、このたび、105件の応募から採択された9社が決定。これから約100名のメンター陣とともに、事業の成長を目指します。 ASACスタートアップアクセラレーションプログラム第5期受講者決定!(2017年11月8日) 【本件に関するお問い合わせ先】 ストックマーク株式会社 担当:森井(info@stockmark.xyz)    
2017年 4月 24日

AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信~WEBニュースクリッピングサービス「Anews」(エーニュース)を提供開始~

東大発のAIベンチャー・ストックマーク株式会社(本社:東京都足立区 / 代表取締役:林 達)は、企業・チームの情報収集・ナレッジシェアを効率化するWEBニュースクリッピングサービス「Anews」の提供を、4月24日より本格的に開始いたします。 Anewsは、最先端のAIが社員の利用行動を学習し、各企業・チームに最適化された最新WEBニュースを毎日配信いたします。さらに管理者向けの各種アナリティクス・リマインド機能により、各社員の利用行動を可視化し、効率的な情報収集を促進することが出来ます。 2016年12月よりベータ版の提供を開始をしており、コンチネンタル・オートモーティブ株式会社様や帝人株式会社様をはじめ、すでに100社以上の企業様における、広報・人事・経営企画部署様、営業・新規事業・マーケティング部署様等にご利用いただいています。 月額29,800円のリーズナブルな価格から、キーワードを設定するだけですぐにご利用いただけます。最先端のAIに自社・業界関連WEBニュースの収集及びナレッジシェアを任せ、ヒトがより生産的なビジネス活動にフォーカス出来る働き方の実現を目指しています。 【 Anewsの特徴 〜 4つのAでチームの情報収集・ナレッジシェアをサポート 〜 】 【 導入実績・お客様の声 〜 すでに100社以上でテスト導入中 〜 】 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 コミュニケーション本部 本部長 持田伊佐人様 1871年にタイヤメーカーとして創業したコンチネンタルは、全世界での売上5兆円、従業員20万人を超えるグローバルシステムサプライヤーとして多面的なビジネスを展開しています。異なる事業部門に従事する社員の心をひとつにまとめながら、顧客向けに新たなビジネス機会のインスピレーションを生み出すためのニュース検索ツールとして、日本法人社員1,400名にAnewsを配布しています。 帝人株式会社 ヘルスケア新事業部門 デジタルヘルス事業推進班 班長 濱崎洋一郎様 弊社では、睡眠・不眠に特化したオウンドメディア「フミナーズ」を運営しています。どんなコンテンツがお役に立っているのか、コンテンツの「質」の評価を模索する中で、Anewsの存在を知りました。よりお役に立てる情報の収集・選定が効率化されたことで、より質の高いコンテンツ制作に集中できるので、編集メンバーにも好評です。継続的な学習を通して、更にパワーアップしていくことを期待しています。 【 導入事例 〜 管理部署様から営業・マーケティング部署様まで幅広くご利用いただけます 〜 】 < 広報・人事・経営企画部署様 > ▶ メディア対応業務やPR効果測定等の目的で、自社及び業界関連のWEBニュースを収集しているが、Googleニュースやブックマークしているメディアをマニュアルで検索しており、非常に効率が悪い。 Anewsならキーワードを設定するだけで、国内外の1,000メディアをソースとした1日10万記事から、AIが各チーム・企業様向けに厳選したWEBニュースを毎日配信いたします。もう毎朝マニュアルでニュースを検索する必要はありません。 ▶ ニュースクリッピングサービスを利用しているが、検索性・使い勝手が悪く、即座に欲しい情報にアクセス出来ない。さらに料金もキーワード数及び記事数で課金されるため、コストを考えると、網羅的に自社・業界関連ニュースを収集することが出来ない。 Anewsは貴社に関連する全てのWEBニュースを一元管理出来る情報プラットフォームです。過去記事検索も簡単です。さらに記事数制限のないリーズナブルな価格(月額29,800円〜)にて、網羅的なニュース収集にお使いいただけます。 < 営業・マーケティング部署様 > ▶ 社員にビジネスパーソンとしての情報感度を高めて欲しいが、日々の業務に追われている。社員間の情報収集に対する意識の差も大きいが、チームの知識レベルを底上げしてくれるツールがない。 Anewsはウェブ・アプリ・タブレット、全てのデバイスからアクセス出来るため、スキマ時間で効率的に情報収集・共有することが出来ます。さらに個人別に利用行動をトラッキングし、未読記事は随時リマインドすることで半強制的に情報収集を促します。 ▶ マネージャーとして、チームメンバーに視野を広げてもらうため、WEBニュースを定期的にメールやチャット等でシェアしているが、レスポンスが全くなく、一方通行のコミュニケーションになっている。 Anewsのコメント機能を使えば、自然とニュースを通じた双方的なコミュニケーションが生まれます。さらに個人ID別に利用状況を可視化出来るため、各社員の情報感度を明確に把握し、タレントマネジメントに活かすことも出来ます。 【 企業紹介・お問い合わせ 】 ストックマーク株式会社は、東京大学大学院情報理工学系研究科におけるAI・ディープラーニング研究をベースに、2015年の4月にスタートした東大発ベンチャーです。最先端のAIテクノロジーを活かし、企業様向けWEBニュースクリッピングサービス「Anews」、個人ユーザー様向けブックマーク管理アプリ「StockMark」を開発・運営しています。

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.