Tag: DX

2019年 12月 03日

【レポート】Stockmark Co-Evolution開催!
〜テキスト解析によって進化するDX〜

大手企業2,000社のR&Dや新規事業などのDXを支援するStockmarkが現場の裏側やノウハウを公開しました!    デジタル時代を迎えた今、多くの企業では既存のビジネスから脱却し、新しいデジタル技術を活用することによって、新たな価値を生み出していくことが求められています。 デジタル・トランスフォーメーション(DX)が叫ばれる中、企業ではDXを推進する組織が構成されたものの、何をしていいかわからない、うまくいっていない、という企業が多く見られるのが現状です。 Stockmarkは、文章を解析するAIのリーディングカンパニーとして、これまでに多くのお客様の新規事業やR&D、事業開発をご支援してまいりました。 去る11/25、DXのベスト・プラクティスを集めて、ノウハウや知見を共有する場を設けました。最新のテキスト解析技術を用いたDXや、ビジネス創出の方法論や組織論など、事例を交えながらご紹介しました。    今回はイベントを2部構成としました。第1部はDXについての考察を深めます。「DXを阻む壁とAIを活用した知識創造と事業創造 」と題し、ストックマーク アルケミストの森住が、DXの成功を幅む壁は何か、またDXに必要なマインドや思考方法について、またテクノロジーを活用したDXに必要な組織や方法論などの知見やノウハウを事例とともに共有しました。 さらには新規事業を進める上で、今必要とされるアート思考について、デザイン思考との違いも含めて解説しました。 後半は、DXを進める上でのソリューションとして、Stockmarkの各プロダクトオーナーが実際の事例やユースケースをご紹介しました。 「DXを支援するStockmarkソリューションのご紹介〜Anews&Astrategy〜 」 はじめにAnews プロダクトオーナー高木が登壇。Anewsは、ビジネスに直結する情報を世界中から収集/配信し、チーム内でのナレッジシェアをサポートすることで組織の進化を促します。 DX推進の阻害要因の上位は、「組織」に関するものです。答えのない施策を推進することの難しさを表したものと言えるでしょう。組織(チーム)でのナレッジシェアは知の幅を広げ、イノベーションの可能性を広げます。    次にAstrategy プロダクトオーナー戸田が、変化を捉え、いち早く戦略を打ち出すための情報をAIが収集/分析するAstrategyをご紹介。 いつ何時、他業種からの「競合」が現れる可能性がある現代においてこそ「調査業務」はますます重要になっています。 勝ち抜くためには、事前に競合や未知なる敵の情報を掴むことが大切です。Astrategy は 「企画フェーズ」「企画実行フェーズ」における「調査業務」を支援し、いち早く外的変化を捉えることを可能にします。    第2部は、事業に直結する営業にフォーカスしたセッションです。「売上拡大に効くDX!AIを活用したテキストデータの活用と営業の強化」第1部に続き、アルケミスト森住が、登場。 売上に直結する営業部門の生産性向上や働き方改革は経営課題喫緊の課題となっています。 今までの経験と感に頼る属人的な営業からデータドリブンにしていくべきであり、その根拠と進め方について、ブレイクスルーを起こした技術を用いたテキストデータ活用の観点から話しました。    後半は、営業に特化したソリューションAsalesをより具体的にご理解いただくため、プロダクトオーナーの原部が登壇。企業に眠るビジネステキストデータ(日報、お客さまの声、報告書など)をどのように活かすべきか。Asalesは、それらをAIによる分析、重要情報の抽出・分類することにより、営業支援、経営に役立つインサイトをご提供します。 「DXを支援するStockmarkソリューションのご紹介〜Asales〜」Asales プロダクトオーナー  原部 智哉    Stockmark Co-Evolutionイベントには、多くのR&D、新規事業、DX推進事業、営業企画/経営企画などに携わられる方にご来場いただきました。皆様熱心に耳を傾けてくださり、ありがとうございました。 Stockmarkは最先端の自然言語処理のテクノロジーを研究開発し、企業のDXの一助になりたいと願っております。VUCAな時代における企業のさらなる進化のとなりに寄り添えるよう、常にお客様の声に耳を傾け、日々プロダクトをブラッシュアップをしていくと共に、この技術やお客様と培ったDXのノウハウを多くの企業と分かち合っていきたいと思っております。     Stockmark Co-Evolution 〜テキスト解析によって進化するDX〜https://stockmark.co.jp/news/seminar/20191125
2019年 10月 09日

【イベントレポート】Data Science Fes 2019がスタート!

〜今こそデータ・ドリブンの先駆者へ〜 日本経済新聞社主催による「データ」をテーマにした「Data Science Fes 2019 」がスタートしました。11月下旬までの長期イベントで、初日の9/30「オープニングフォーラム」が一橋講堂で開催されました。 AIやIoTなど社会の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」化が進み、「データ」はその重要資源として、“新しい価値を創る”活用力を担う時代を迎えています。しかし、日本企業では経営・マネジメント層のリテラシーや人材の不足が顕著で、「データ・ドリブン経営」実現の大きな課題となってると言われています。 Data Science Fes 2019は、「データで社会を変える=データサイエンス」を起点に、産・官・学の変革に意欲的なステークホルダーが一堂に集まり、日本全体でデータ・ドリブンを加速させるために共に考え、共創を目指すプロジェクトです。11/11の「ビジネスデベロップメントフォーラム」を前にした、 「オープニングフォーラム」では、定員の3倍以上のお申し込みがあり期待の高さが伺えました。 ストックマークはプレセッションに参加しました。「スタートアップ×学生セッション AI・データ時代をどう生きるか?」をテーマに、データを軸にこれからの世の中がどう変わってゆくか、その中で変革に意欲的な若者たちに求められる資質や経験を、スタートアップ企業から学生、若手ビジネスパーソンに伝えるセッションです。ストックマーク は代表の林が、日本データサイエンス研究所 CDSO(Chief Data Science Officer)の大杉慎平氏でとパネルディスカッションに登壇、竹川隆司氏(zero to one 代表取締役CEO)のコーディネートのもと進めました。 各氏のこれまでの歩み、大学時代に学んだこと、就職時に考えていたこと、そこから起業・スタートアップに至るまでなど、普段あまり聞くことがない話を聞くことができました。 学生さんの生の声を聞こうと、質問にお答えする機会もありました。 AI時代をどう生きるか、人とAIはどう共存すべきか、そんな未来に求められる人材とは、など興味深い質問が飛び交いました。 大杉氏、林ともにキーワードは、AI時代はスピーディに物事、ビジネス、社会が変化するので、変化を恐れないこと、自分で解釈、咀嚼し自分の中で答えを出すこと、時代に応じて自分をアップグレードできるかその気概が大事ということでした。 AIなどのテクノロジーにより時代の変化が目まぐるしくなっている今、重要なことは、人間のメンタリティのようです。 ストックマーク林は、変化を恐れないこと、「自分が持っているボーダー」を外して一歩外へ踏み出してみること、大抵のことはなんとかなるという少しの楽観を持ったタフさ、そして何より「目の前にいる人を幸せにする」ことを考えることが大切と話しました。 目の前の1人(個人)でも、目の前の数人(チーム単位)でも、目の前の数十人(より大きな組織単位)でも、その人の得意な目線で、目の前にいる人を幸せにしようと考えてみようと加えました。 組織としてのストックマークは、目の前のクライアント企業がより強くしなやかな組織になるようテクノロジーをもって寄り添い、企業の進化や変革をその隣で支援する企業であり続けたいと考え、社員一同がお客様の方を向いている組織であることを実践し続けたいと思います。
2019年 10月 03日

【イベントレポート】CDOはじめDXキーパーソンが集結! 日経BP総研 イノベーションICTラボ「日経イノベーターズ会議 」登壇

日経 xTECHが運営する「ITイノベーターズ」は、強い会社の変革者100名を「エグゼクティブメンバー」として組織化し、有識者を交えてデジタル経営革新のあり方について議論・情報発信する「変革に本気で挑むリーダー」のための活動です。9/25ホテル雅叙園東京で、変革の当事者たちが本音を語る「ITイノベーターズ会議」が開催されました。 今回は「データ活用の本質、データ流通の未来」をテーマに、企業がデータ活用で成果を生み出すために不可欠なこと、データ活用の成功・失敗パターン、データ流通時代に対する備えなどについて議論がなされました。 エグゼクティブメンバーの講演では、「データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞者のデジタルガレージ渋谷 直正チーフデータオフィサーとITイノベーターズ幹事会員であるヤフーの佐々木潔執行役員チーフデータオフィサーが登壇しました。 また、日経BP総研イノベーションICTラボ 所長の戸川 尚樹氏をモデレーターに、 エグゼクティブメンバーによるディスカッションも行われ、「データ活用の本質とデータ流通の未来に」ついて、ビジネスの最先端で起きていることとして各社の状況と共に語られました。 ストックマークはスタートアップではありますが、今回のイベントテーマのデータ活用の本質について、今まで解析されてこなかったけれども実は重要で有用なのがテキストデータであること、データの解析方法、ビジネスにおける活用方法について、更にそれはDXを進める上でいかに意味をなすかについて、お話いたしました。

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.