Tag: Asales

2020年 1月 20日

【プレスリリース】最先端の自然言語処理技術使用「Asales Slide Finder」リリース

2020年1月20日ストックマーク株式会社   最新AIセールステック!社内に溜まる企画書の全スライドをテキスト解析し欲しい資料を1枚単位でレコメンド最先端の自然言語処理技術使用「Asales Slide Finder」リリース   日本語の文章を解析するAI(=自然言語処理技術)を用いて、企業のDXや組織変革、営業業務変革に貢献するSaaSを提供しているストックマーク株式会社(東京都港区:代表取締役CEO 林 達、以下ストックマーク)は、チームで共有されている提案書や企画書などの膨大な資料(パワーポイント、ワードなど)の中から必要なページを1枚単位でレコメンドする機能「Asales Slide Finder」をリリースしたことを発表いたします。 営業資料の作成は、参考にしたい資料がすぐに見つからない、まとめ方がわからない、提案ストーリーや構成の検討に時間がかかるなど非効率かつ属人的な作業と困難があります。また、ホワイトワーカーが、情報収集や資料検索、文書作成にかける時間は、労働時間の約50%を占めると言われている一方で、これらの生産性を上げるためのソリューションが提供されていない現状です。 「Asales Slide Finder」は、営業の提案活動における提案書・企画書作成業務の負荷を軽減、ナレッジシェアを促進させることで、営業一人ひとりの生産性を向上させ、組織全体の提案力向上を目指します。 *「Asales Slide Finder」は、営業業務プロセス支援プラットフォーム「Asales」において搭載されます。   ■ 「Asales Slide Finder」の特徴 ・スライド共有:提案資料や企画書をアップロードすることで、スライド(1枚)単位で共有できます。BoxやSalesforce®とも連携が可能。チーム・社内のナレッジを共有し、営業活動における生産性を向上させます。 ・スライド検索:自然言語処理と画像解析により、スライドに含まれる文字やデザインが似ているスライドを検索します。1ファイル1ファイルを開いて必要な資料やスライドを探すというオペレーションがなくなり、提案活動における業務負荷を大幅に削減し、勝てる資料をすぐに作成することができます。 ・自動タグ付け:高精度な自然言語解析でスライド1枚1枚の内容を自動でタグ付けします。提案・企画業務における重要情報に瞬時にアクセス可能です。 ・スライドレコメンド:商談・案件のニーズを元に、過去の受注に繋がったスライドをレコメンドします。組織全体の提案力を底上げして全員が即戦力になるようサポートします。   【Asalesとは】 社内外のテキストデータを自然言語処理で解析し、「営業の生産性向上による、売り上げ拡大」をコンセプトに営業活動全般をサポートする「Asales Basic」「Asales Insights」からなるサービスです。 「Asales Basic」は、営業担当者の業務を効率化し生産性の向上を支援します。過去の提案書や企画書の中から、AIが顧客のニーズや課題を理解し、提案に必要な箇所をスライド単位でレコメンドする「Slide Finder」機能を搭載し、営業活動における提案業務を極小化します。また、日報・商談メモを解析し過去の受注に繋がった類似商談のレコメンド機能や、訪問予定の顧客や自社業界に関するニュースを自動で収集しPush配信する機能によって、顧客や業界の動向を逃さずキャッチし、社内のナレッジを活用することで効率的に提案の質を向上することが可能です。 営業マネージャー及び営業企画向けの「Asales Insights」は、営業担当者が集めた顧客の声から勝ち筋を分析します。商談、取引先、提案資料など定量・定性テキストデータを解析し受失注理由の可視化や、売れている営業のアクションを自動で抽出するなど、顧客ニーズや営業担当者の顧客への訴求ポイントをデータドリブンに把握します。営業プロセスの標準化、営業スキル向上のための施策検討に活用いただいております。 「Asales Slide Finder」の資料請求・お問合せは、以下のURLよりお寄せください。https://stockmark.co.jp/asales/    【 ストックマーク株式会社 会社概要 】 ストックマークは、東京大学大学院情報理工学研究科におけるテキストマイニング・ディープラーニングの研究をベースに、2015年4月にスタートした東大発ベンチャーです。 最先端の自然言語処理技術を用いた、ニュース及びナレッジ共有プラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業活動におけるテキスト情報を活用した営業業務プロセス支援プラットフォーム「Asales」を提供しています。 会社名         :ストックマーク株式会社 所在地         :東京都港区南青山一丁目12番3号  LIFORK MINAMI AOYAMA S209 設立             :2016年11月15日 代表者         :代表取締役CEO 林 達 事業内容     :テキストマイニング×AI技術を活用したビジネス意思決定サポートサービスの開発・運営     本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先 ストックマーク株式会社  広報 pr@anews.co.jp
2019年 12月 18日

【セミナー】Salesforce®︎ × Box × Asales -AIと実現する営業のナレッジ活用セミナー

ストックマークでは、自然言語処理のテクノロジーを活用して、多くのお客様のデジタル・トランスフォーメーション(DX)をご支援させていただいております。 今回は営業現場におけるDXを実現すべく、カスタマーエクスペリアンス(CX:感動的な顧客体験)の観点からDXを支援するセールスフォース・ドットコムとBox、ストックマークのコラボレーションで営業ナレッジの最大化手法をご紹介します。    ストックマークのAIテクノロジーが、Salesforce(各種SFA/CRM)やBoxに眠る非構造/定性データ(日報、顧客対話データ、提案書などのドキュメント類)を解析。 人間にしかできなかった洞察とアクションのサポートをAIが代替することで営業生産生向上と売上拡大を支援します。 セミナーに申込む!   【アジェンダ】   14:00〜14:05   開会のご挨拶     14:05〜14:40   株式会社セールスフォース・ドットコムセールスデベロップメント本部 コマーシャル事業部スタートアップ戦略部 事業部長鈴木 淳一氏     ビジネスが変わる!Salesforceで実現するDX時代のセールスモデル(仮) セッション概要: DXが実践フェーズに入り、企業は常に新しいテクノロジーを融合させながら生産性・収益性向上を求められてます。セールスフォース・ドットコムが提唱する新時代のセールスモデルをご紹介します。     14:40〜15:15   株式会社Box Japanアライアンス・事業開発部 マネージャー 村上 哲氏     DX時代のコンテンツコラボレーションツール:Boxのご紹介(仮) セッション概要: 最先端のクラウドコンテンツマネジメントプラットフォームであるBoxがどのように営業の現場で活用されているか、Salesforceとの連携も含めBox社自体の使い方を交えご紹介します。       15:15〜15:25   休憩     15:25〜16:05   ストックマーク 株式会社Asales プロダクト・オーナー原部智哉     「言葉のAI」で実現する、セールスの働き方変革と提案活動の爆速化 セッション概要: 人間の一部の読解力を越えたアルゴリズムBERTにより、これまでは人間にしか出来なかった提案活動の質も、AIがサポートできる時代に突入しました。Salesforce、Boxと連携し、提案活動のナレッジをテキストデータから理解。営業の生産性を向上させるAsalesの活用事例をご紹介します。     16:05〜16:35   Q&Aセッション & クロージング   ※プログラム内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。   【対象】   テクノロジーでDXを推進している方 営業企画・経営企画部門の方 営業の働き方改革を推進部門の方     【定員】   40名 ※同業他社様はお断りさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。               ※ストックマークは、Salesforce AppExchange パートナーです         セミナーに申込む!       【イベント概要】名   称:Salesforce®︎ × Box × Asales AIと実現する営業のナレッジ活用セミナー 主   催:ストックマーク株式会社日   時:2020年1月21日(火) 14:00~17:00 (開場 13:30)予定場   所:グローバルビジネスハブ東京(大手町駅直結)                      (東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3F)アクセス :地下鉄5路線 大手町駅に直結参 加 費:無料(事前登録制)申   込:専用申込みフォームからお申し込みください。    
2019年 12月 03日

【レポート】Stockmark Co-Evolution開催!
〜テキスト解析によって進化するDX〜

大手企業2,000社のR&Dや新規事業などのDXを支援するStockmarkが現場の裏側やノウハウを公開しました!    デジタル時代を迎えた今、多くの企業では既存のビジネスから脱却し、新しいデジタル技術を活用することによって、新たな価値を生み出していくことが求められています。 デジタル・トランスフォーメーション(DX)が叫ばれる中、企業ではDXを推進する組織が構成されたものの、何をしていいかわからない、うまくいっていない、という企業が多く見られるのが現状です。 Stockmarkは、文章を解析するAIのリーディングカンパニーとして、これまでに多くのお客様の新規事業やR&D、事業開発をご支援してまいりました。 去る11/25、DXのベスト・プラクティスを集めて、ノウハウや知見を共有する場を設けました。最新のテキスト解析技術を用いたDXや、ビジネス創出の方法論や組織論など、事例を交えながらご紹介しました。    今回はイベントを2部構成としました。第1部はDXについての考察を深めます。「DXを阻む壁とAIを活用した知識創造と事業創造 」と題し、ストックマーク アルケミストの森住が、DXの成功を幅む壁は何か、またDXに必要なマインドや思考方法について、またテクノロジーを活用したDXに必要な組織や方法論などの知見やノウハウを事例とともに共有しました。 さらには新規事業を進める上で、今必要とされるアート思考について、デザイン思考との違いも含めて解説しました。 後半は、DXを進める上でのソリューションとして、Stockmarkの各プロダクトオーナーが実際の事例やユースケースをご紹介しました。 「DXを支援するStockmarkソリューションのご紹介〜Anews&Astrategy〜 」 はじめにAnews プロダクトオーナー高木が登壇。Anewsは、ビジネスに直結する情報を世界中から収集/配信し、チーム内でのナレッジシェアをサポートすることで組織の進化を促します。 DX推進の阻害要因の上位は、「組織」に関するものです。答えのない施策を推進することの難しさを表したものと言えるでしょう。組織(チーム)でのナレッジシェアは知の幅を広げ、イノベーションの可能性を広げます。    次にAstrategy プロダクトオーナー戸田が、変化を捉え、いち早く戦略を打ち出すための情報をAIが収集/分析するAstrategyをご紹介。 いつ何時、他業種からの「競合」が現れる可能性がある現代においてこそ「調査業務」はますます重要になっています。 勝ち抜くためには、事前に競合や未知なる敵の情報を掴むことが大切です。Astrategy は 「企画フェーズ」「企画実行フェーズ」における「調査業務」を支援し、いち早く外的変化を捉えることを可能にします。    第2部は、事業に直結する営業にフォーカスしたセッションです。「売上拡大に効くDX!AIを活用したテキストデータの活用と営業の強化」第1部に続き、アルケミスト森住が、登場。 売上に直結する営業部門の生産性向上や働き方改革は経営課題喫緊の課題となっています。 今までの経験と感に頼る属人的な営業からデータドリブンにしていくべきであり、その根拠と進め方について、ブレイクスルーを起こした技術を用いたテキストデータ活用の観点から話しました。    後半は、営業に特化したソリューションAsalesをより具体的にご理解いただくため、プロダクトオーナーの原部が登壇。企業に眠るビジネステキストデータ(日報、お客さまの声、報告書など)をどのように活かすべきか。Asalesは、それらをAIによる分析、重要情報の抽出・分類することにより、営業支援、経営に役立つインサイトをご提供します。 「DXを支援するStockmarkソリューションのご紹介〜Asales〜」Asales プロダクトオーナー  原部 智哉    Stockmark Co-Evolutionイベントには、多くのR&D、新規事業、DX推進事業、営業企画/経営企画などに携わられる方にご来場いただきました。皆様熱心に耳を傾けてくださり、ありがとうございました。 Stockmarkは最先端の自然言語処理のテクノロジーを研究開発し、企業のDXの一助になりたいと願っております。VUCAな時代における企業のさらなる進化のとなりに寄り添えるよう、常にお客様の声に耳を傾け、日々プロダクトをブラッシュアップをしていくと共に、この技術やお客様と培ったDXのノウハウを多くの企業と分かち合っていきたいと思っております。     Stockmark Co-Evolution 〜テキスト解析によって進化するDX〜https://stockmark.co.jp/seminar/20191125
2019年 10月 03日

【イベントレポート】「Salesforce World Tour Tokyo 2019」に参加しました

〜顧客に向き合いイノベーションを創出する〜 9/25、9/26の2日間、国内最大規模のクラウドイベント「Salesforce World Tour Tokyo」が開催されました。「Salesforce World Tour」は、毎年世界6カ国12都市で行われるSalesforce主催のグローバルイベントで、「World Tour Tokyo」では、基調講演やセッション、ネットワーキングなど 140以上のプログラムを通じて、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現した企業や個人の成功事例が紹介されました。 Einstein Voice、Customer 360をはじめとした最新のイノベーション、新しいカタチで顧客とつながるためのソリューションを体感できたり、TrailblazersとつながるSalesforceを活用しながら、ビジネスを成長させるためのビジョン、最新動向、取り組み、カスタマーサクセスの方法などを、ユーザ事例や80を超えるSalesforceパートナーから学ぶことができるコーナーなどがありました。 Trailhead Zoneは、Salesforce のテクノロジーを体験できるエリアで、エキスパートによるセッションをはじめ、無料オンライン学習サービス Trailhead の体験やSalesforceコミュニティメンバーによるワークショップ、課題にチャレンジするミニハックなどがありました。 ストックマークもブースを出展し、日本語の自然言語処理解析を活用した、より顧客に向き合うための営業変革サービス「Asales」について、詳細資料やデモを展示しました。Salesforceをご利用の多くの方にご関心いただきました。 Trailhead Zoneのセッションでは、Salesforceの方々と、ストックマークAsalesのプロダクトオーナー原部が登壇しました。「絶対使いたくなる AppExchange アプリとそのアーキテクチャ」として、Salesforce のユーザ向けアプリケーションを販売し SaaS ビジネスを成長させたい方向けに、AppExchangeパートナーの成功事例として、ストックマーク、Asalesについてご紹介いただきました。 SalesforceのCustomer 360は、シームレスに「つながる」顧客体験を生み出すもので、Salesforceは「顧客は自分のことを知らない企業とやりとりをしている場合にも、他での喜ばしい体験から期待を膨らませていて、統一された顧客のビューこそが、そうした体験に対する究極的な価値の提供になる。」と説明しています。 ストックマークは「顧客起点としたデータドリブン経営」を提唱していて、AppExchangeパートナーとして相性がとても良いようです。 株式会社セールスフォース・ドットコム、AppExchange アライアンス部 テクニカルエバンジェリスト川畑 隆博氏と、アライアンス本部 パートナー営業推進部の高橋 憲太朗氏が「AppExchangeパートナーが成功する6つのこと」として秘訣を伝授したり、Asalesを起点としたAppExchangeで実現する世界について、デモと共にご紹介くださいました。 Asalesは、Salesforceに蓄積された定性・テキストデータを解析し、既存営業活動の高度化と顧客インサイトの社内還流をサポートするサービスです。さらにカスタマードリブン可能な組織に変化することを支援いたします。セッションでは、App Exchange 開発のメリット・デメリットや、App Exchange 拡販のメリット・デメリットなど、さらにSIとSaaSプロダクト開発の違いと面白さなど原部のSIerの経験を踏まえた話など、深掘りしてお話いたしました。 ブース近くでは、さらにAsalesを詳しく知っていただくためのセッションも開催しました。 タイトル:「日報は売上拡大の源泉!AI×カスタマードリブンな営業改革!」 カスタマードリブンな企業活動が高まる中、顧客課題やニーズを発掘し、解決策をデザインできる営業活動が求められています。Salesforceに蓄積した定性データの利活用をAIで促進させるAsalesを、期待される効果と共にご紹介しました。
2019年 1月 22日

「AIビジネス変革フォーラム 2019」の見どころをご紹介します

いよいよ2日後に弊社イベント「AIビジネス変革フォーラム 2019」の開催が近づいてまいりましたので、各セッションの見どころをご紹介します。 【開催概要はこちら】名称  :AIビジネス変革フォーラム 2019日時  :2019年1月25日(金)15:30-19:30(開場15:00)会場  :ベルサール御成門タワー イベントページは下記をご覧ください。※残り若干名お席がございます。https://stockmark.co.jp/ai_biz_forum_2019/ 【各セッションの見どころ】Keynote Speech:人工知能学会会長の浦本 直彦氏・人工知能の技術的な課題とそれに対する最新の技術的な発展についてご紹介いただきます。 今後AIが広く利用されていくことが想定されるなか、ビジネスを展開するうえで知っておくべき技術はなにか、お話いただきます。 Keynote Session:セブン銀行松橋氏、JTB上田氏・AIを推進しておられる両名より意思決定の際の向き合い方、どのようなマインドで組織を動かすべきか、皆様のAIビジネスの一助となるようその経験やノウハウを共有頂きます。 事例から学ぶ(パネルディスカッション):三井物産戦略研究所 難波田氏・みずほ銀行 白河氏・AI導入におけるご体験を、赤裸々にお話いただきます。AI導入においての定石のイメージを皆様にお届けします。事例から学ぶ(セッション):セールスフォース エバンジェリスト早川氏・セールスフォースのAI「アインシュタイン」のエバンジェリストよりビジネスプロセスにAIを組み込んだ後におこる変化を事例とともにお話いただき、皆様の想像を掻き立てられればと思います。 その他セッション・開会に先立ち、CTO有馬から弊社サービスを支えるAI(自然言語処理)技術のトレンドについてお話しさせていただきます。いよいよ自然言語においても画像認識同様のブレイクスルーが到来します。自然言語が支えるビジネス領域は、技術者だけではなくビジネスマンが主役となって作るモノ領域です。これからのビジネスマンとしてどうやって世界で戦っていくべきか講演します。 そのほか、国内の有望スタートアップブースなど、様々なコンテンツをご用意しています。皆様にお会いできますこと、弊社一同心よりお待ち申し上げます。
2018年 12月 19日

Asalesについて各メディアに掲載されました

2018年11月30日にリリースした「Asales」について各メディアに掲載されました。 プレスリリースはこちらAIで、なぜ売れた・売れなかったのかを解析する「Asales」をリリース/営業現場を効率化し、営業企画の意思決定プロセスを高速化 AINOW自然言語処理を駆使しAIが営業活動を分析する「Asales」がリリース THE BRIDGEストックマーク、AIが営業業務の自動化と企業の意思決定を支援する「Asales(エーセールス)」を正式ローンチ 日刊工業新聞ストックマーク、AIで営業戦略を自動提案 きょう提供 産経新聞AIで営業プロセス可視化支援 ストックマーク「Asales」 お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください。
2018年 11月 30日

AIで、なぜ売れた・売れなかったのかを解析する「Asales」をリリース/営業現場を効率化し、営業企画の意思決定プロセスを高速化

東大発AIベンチャー・ストックマーク 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:林 達、以下「ストックマーク」)は、AIで営業の意思決定プロセスを高速化する「Asales」をリリースしました。すでに大手金融機関をはじめ、大手システム開発会社、大手製薬会社とのPoCを実施しており、2019年度中に100社の導入を目指します。 【 サービス開発の背景 】 目まぐるしく変化する現代のビジネス環境を勝ち抜き、自社の売上トップラインを拡大するためには、営業戦略の意思決定プロセス、PDCAサイクルを高速化し、競合優位性を築く必要があります。 SFA/CRMの導入が広がり、定量的な売上管理・行動管理は行っているものの、最も重要な「なぜそうなったのか?」の原因分析については、各マネージャーや営業企画が営業現場からのデータを属人的に分析しているのが現状です。そして営業現場では、原因分析のための管理は厳しくなり、本来の営業活動とは離れた業務の負担が大きくなる一方です。さらに人員削減が進む中で各人の負担が増えるために付加価値の高い提案業務を行うことが厳しくなっています。 そこで、ストックマークでは、営業現場の情報をよりダイレクトに営業戦略へ活かし、営業現場の付加価値向上・業務効率化をAIでサポートするクラウドサービス「Asales」をリリースしました。1,000社以上が利用している「Anews」で培ったテキストマイニング×AIの技術により、顧客接点データ(ミーティング音声・メール・商談メモ・案件メモ・報告書・議事録)、社内データ(商材情報・提案資料・社内レポート)、オープンデータ(ニュース・業界レポート)といった、営業をとりまく定性テキストデータを解析し、戦略的な営業プロセスの構築をサポートします。 【 サービス概要 】 営業企画・マネージャー向け: 売上やコストなどの定量データだけでなく、定性テキストデータも含めた統合的な意思決定による売上トップライン拡大を目指します。 営業戦略構築の高速化 顧客接点データの解析による受注/失注分析 顧客接点データからのSTP分析(Segmentation(市場細分化)、Targeting(ターゲット層)、Positioning(ポジショニング)) 顧客接点データからの顧客ニーズ要望抽出 オープンデータ解析によるマクロ分析(競合動向、業界動向のフォロー、自社製品のレピュテーション(評判)調査) マネージャー業務の効率化 顧客接点データの要約/整理・重要ポイントのあぶり出し トップセールスの営業手法のスコアリング・モデリング 営業の行動解析・スコアリング 改善ポイントの解析・行動アシスト 上記分析の見える化/レポート機能   営業現場向け: AIによる営業活動の全てのアクションの効率化や付加価値提案のための情報レコメンドにより、新人も即エース級の活動成果が上げられるよう支援します。 客先訪問前 SFA/CRM・カレンダーと連携して、訪問先や重要顧客の最新ニュースや動向、自社商材情報を提示 過去の類似案件の成功パターンから、営業シナリオを導出 客先訪問時 ミーティング音声データの解析から最適なQ&A等情報レコメンドにより、刺さるトークをサポート 音声データの自動書き起こしによる、報告業務の効率化 客先訪問後 社内データに眠っている提案資料やレポートを商談・案件ごとにレコメンドし、提案資料作成アシスト 上記プロセスの解析による行動アシスト   【 提供形態 】 想定利用部門は、SFA/CRMを導入済みの営業部門です。 APIでの提供も可能です。 ※詳細はお問い合わせください。   【画面イメージ】 【 会社概要 】 ストックマークは、東京大学大学院情報理工学系研究科におけるテキストマイニングとディープラーニングの研究をベースに、2015年4月にスタートした東大発AIベンチャーです。最先端のAIテクノロジーを活かし、企業様向けWEBニュース配信サービス「Anews」、営業向け「Asales」、さらにAI関連ビジネスのコンサルティング事業「AIアルケミスト」、及びAIシステム開発事業を展開しています。 会社名                          :ストックマーク株式会社 所在地                          :東京都港区南青山一丁目12番3号  LIFORK MINAMI AOYAMA S209 設立                              :2016年11月15日 代表者                          :代表取締役CEO 林 達 事業内容                       :テキストマイニング×AI技術を活用したビジネス意思決定サポートサービスの開発・運営   【ご参考】 AI×定性テキストデータで「営業の新人を即エース」へ。   【 お問い合わせ 】 本件に関するお問い合わせやご質問は、以下までご連絡ください。 ストックマーク株式会社 担当:森井(info@stockmark.xyz)

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.