mail
MENU CLOSE

Cases 株式会社オプテージ

Anews

『Anews』は新規事業を創出するプラットフォーム

導入事例_オプテージ様_メイン

株式会社オプテージは、関西電力グループ内の組織再編により、株式会社ケイ・オプティコムに、新たに情報システム事業を統合して、2019年4月に誕生しました。
保有する情報通信インフラと情報システム開発の技術や顧客基盤を生かし、情報と通信が一体となった新たなソリューションサービスを提供しています。


[取材にご協力いただいた方]
ソリューション事業推進本部 ソリューション事業統括部門 ソリューション開発部
ソリューションビジネス開発チーム アシスタントマネージャー 霜野 佑介 様
ソリューション事業推進本部 ソリューション事業統括部門 ソリューション開発部
ソリューションビジネス開発チーム 下田平 卓也 様


チームでニュースを共有できる機能が豊富

株式会社オプテージについて

下田平様:オプテージは、関西一円に広がる独自の光ファイバーネットワークを基盤に、情報と通信が一体となったソリューションサービスを提供している会社です。私たちのいるソリューションビジネス開発チームは、法人向けの新規事業を一から生み出すのが役割。ターゲットごとに2人1組でソリューションの検討をしています。霜野と私が担当するのは、中小企業向けのビジネスやサービス。その足掛かりを見つけるため情報収集に注力しています。

課題は情報収集にかかる手間と時間、触れられる情報量に限界を感じていた

霜野様:もっとも課題に感じていたのは、情報収集にかかる手間と時間です。以前は検索エンジンにキーワードを打ち込み、ヒットした膨大なニュースの中から有益な情報を探していました。参考になる情報をひとつひとつ資料に落とし込み、業界の動向を把握していたのですが、これがなかなか大変で。ひとつのキーワードについて調べるだけでもかなり時間がかかってしまっていました。また、情報収集の時間を毎日とれるわけではないので、もしかしたら重要なニュースを見逃してしまっていたかもしれません。触れられる情報に限界があると感じていましたね。

下田平様:『Anews』の存在を知ったのは展示会でした。toC向けのパーソナライズしたニュース配信サービスはいくつかありますが、toB 向けのものは他にはないと思いました。AIによってメンバー個々のフィードが最適化されるだけでなく、チームで設定したキーワードに基づくニュースのピックアップや、メンバーがマークやコメントを入れたニュースのサイドバー表示など、チームでニュースを共有できるコミュニケーション機能がセットになっているところにも魅力を感じたんです。

導入事例_オプテージ_下田平様
株式会社オプテージ:下田平様

重要なニュースを漏らすことなく追える

業界の新しい動向きなど、有益なニュースを効率よく取得

霜野様:想像以上にニュース配信の精度が高くて驚きました!正直に言うと、最初は「ただキーワードに関連したニュースを集めるだけなのでは」という疑いの気持ちもあったのですが、その懸念はすぐに払拭されました。例えば、「スマートシティ」について調べる場合、検索エンジンだと「スマートシティの市場規模は何兆円に拡大すると予想される」といった情報ばかりが出てくるのですが、『Anews』だと「こういう会社がスマートシティに関連するビジネスを始めた」など、市場の新しい動向を教えてくれます。

AI の学習機能のおかげで、「これが知りたかった」というどストライクなニュースを配信してくれるんですよね。『Anews』を導入してからは、効率的に有益な情報を集められるようになりました。

下田平様:私が特に便利だと感じているのは、メール配信機能です。『Anews』のポータルサイトを開かずともニュースが見られるので、情報収集に充てていない時間に気づきが得られることもあります。また、設定したキーワードに関するニュースをアーカイブしてくれるのも助かります。『Anews』を見られなかった期間のニュースが時系列に並べて表示されるので、時間をつくれたときに一気にまとめて見ることができて。市場の動向を理解しやすいですし、重要な情報を漏らすことなく追えるようになった実感があります。

『Anews』に端を発した会話でプロジェクト進行が円滑に

下田平様:『Anews』によってチームメンバーに共通知ができたように思います。メンバーがマークを入れたニュースや、チーム内で一番読まれているニュースがわかるので、「参考になる情報があるのかも」や「これだけ読まれているなら読んでおこう」と、自分だけでは確認しなかったニュースを読む機会もあります。

霜野様:『Anews』をきっかけに「あのニュースを読んでたけど、どう思ったか?」「この新規事業にはこんな方向性もあるのか」と会話が生まれることも多いですね。ときに軌道修正のヒントにするなどプロジェクトを円滑に進めるのにも役立っているんです。

導入事例_オプテージ_霜野様
株式会社オプテージ:霜野様

『Anews』と共に新規事業を創出したい

アップデートが早い。欲しい機能がどんどん追加される

霜野様:『Anews』はアップデートが早く、欲しい機能が次々と追加されています。ひとつリクエストするならば、「〇〇白書」といったPDF データまで配信の幅を広げてもらえると嬉しいですね。ニュースに加えて研究機関が出すような調査データと論文にまでリーチし、最適のなものを配信してくれたら、より新しいビジネスの立ち上げに活用しやすくなると思います。

ストックマークとの協業を目指す。中小企業のための情報プラットフォームをつくりたい

霜野様:まだ検討段階ですが、ストックマークさんと協業し、関西地方の中小企業向けに『Anews』を組み入れたプロダクトを提供したいと考えています。私たちも意識しないと一般紙に載るようなニュースしか目にしないですよね。中小企業も同じで、積極的な情報収集をしていないがために業界動向を把握できていない場合があります。ニュースの中にあるビジネスの発展につながる情報を効率的に見つけてもらえるようにしたいんです。

下田平様:『Anews』を組み入れたプロダクトには中小企業間のコミュニケーションを活性化させる役割も期待しています。同じ地域にある中小企業同士でも意外とコミュニケーションをとっていない企業が多いんですよね。ニュース記事へのマークやコメントから、「あの企業と関心が似ている。一緒に何かできないか」と、ビジネスマッチングに発展するような会話が生まれてほしいと考えています。アイデアやビジネスが生まれるプラットフォームになれば嬉しいですね!

導入事例_オプテージ_霜野様・下田平様
株式会社オプテージ:霜野様・下田平様

※記事内容および、ご所属等は取材当時(2019 年7月)のものです。

事例資料をダウンロード

こちらの企業の導入事例をダウンロードいただけます。フォームを入力し、送信をお願いします。