mail
MENU CLOSE

終了したイベント

どうなる2021年?未来の予報とAI分析の両面から徹底検証!

セミナー概要

Covid-19のパンデミックにより世の中が大きく変わった2020年。2021年も予測不可能の状況が続くことが見込まれますが、どんな未来が欲しいか?その仮説を持ち続けることは非常に重要だと考えています。

本イベントでは、イノベーションリサーチが強みのコンセプトデザイン会社VISIONGRAPH Inc.が発表した2021年の未来予報10個のテーマの中から3つをピックアップし、国内外約30,000メディアのビジネスニュースをAI(自然言語処理)が分析する「Astrategy」を活用して、その予報に関わるビジネスの種を発見しながら、予報の検証をしていくセッションです。
果たして、現在日本ではこのテーマの領域はどのような盛り上がりの兆しを見つけることができるのでしょうか?

※Thursday Gathering(*1)内のセッションとして、VISIONGRAPH Inc. (未来予報株式会社)様とストックマーク株式会社の共催にて開催いたします。

(*1)Thursday Gatheringは毎週木曜日16時-21時にCIC Tokyoで開催されるVenture Café Tokyoのフラッグシップ・プログラムです。

登壇者

田中 和生

ストックマーク株式会社

Astrategy Product Marketing Manager

信州大学経営大学院に在籍しながら起業し、宇宙開発の裾野を広げる事業を推進。卒業後、株式会社日本能率協会コンサルティングにて、国内企業の新規事業創造及びビジネスモデル設計に従事。医薬品、化学品、自動車部品分野を中心に、事業モデルの策定やR&D戦略立案に参画。その後、VALUENEX株式会社に入社し、事業開発責任者として他社とのコラボレーションによる同社の新規事業開拓を担うとともに、事業戦略コンサルタントとして様々な事業分野の新規事業立案や開発テーマ策定に携わる。日経BP等への記事提供や各種講演によるマーケティング活動を行う。2020年、ストックマークの自然言語処理技術の高さに魅了され、Astrategyのセールス担当として入社し、現在に至る。

曽我 浩太郎

VISIONGRAPH Inc. (未来予報株式会社)

Co-Founder、SXSW Japan Office

大手映像プロダクションにて、日産やSONYなど大手企業のキャンペーンや動画・アプリなど広告賞受賞作品を多数プロデュース。その後、経営企画・事業開発を経験した後に退職。2016年にイノベーションリサーチに基づく戦略デザイン会社 「未来予報(株)」を立ち上げ、事業構想段階から製品デビューまでのプロジェクトデザインを行う。2017年7月にインプレス社より書籍『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない! 」からイノベーションの予兆をつかむ』を発売。2019年6月に米国最大級のクリエイティブイベントSXSW<サウス・バイ・サウスウエスト>の日本オフィスを立ち上げる。 

開催概要

日   時:2021年1月28日(木) 20:00-21:00
場   所:オンライン(Zoom)
      CTC Tokyo (東京都港区虎ノ門1丁目17-1虎ノ門ヒルズビジネスタワー)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:VISIONGRAPH Inc. (未来予報株式会社)、ストックマーク株式会社