mail
MENU CLOSE

終了したイベント

DXをステップで考える-事業モデル変革のための第一歩

210527_Anews-DXステップ_1200x628

セミナー概要

テクノロジーは日進月歩で進歩し、経済産業省がDX銘柄2020を定め、デジタル技術を活用した経営変革・事業モデル変革に取り組む会社を評価するなど、企業にとってデジタル技術の活用は避けて通れないものとなっています。そのような社会情勢の中で、デジタルとの親和性が高い商品やサービスを提供している企業はもちろんのこと、デジタルと関連性の低い商品やサービスを提供している業界・企業も、自身の事業モデルのデジタル化を検討するようになりました。

しかし、DXは企業内にノウハウのない新しい取り組みであり、暗中模索の状態で推進者として企画・実行されている方も多いのではないでしょうか。実際に弊社でも、「デジタル技術と一口に言ってもその移り変わりは激しく、最新のデジタル技術を継続的にキャッチアップしていくことが難しい」「最新の技術動向を知っても、自社製品とどのように組み合わせたら良いか分からない」と言ったお声を頂くことが多くなっています。

膨大な情報量と、DXを成功させるための明確なフレームワークがないこと。
それが企業におけるDXの取り組みを非常に難しいものにしています。

今回のセミナーでは、デジタル活用や事業モデル変革を推進する上で課題として上がりがちな『自社製品/事業と最新テクノロジーの掛け合わせ』をどう作っていくべきか、事例を交えてお伝えいたします。これからDXや事業モデル変革に取り組んでいきたい方、また取り組み中ではあるがより良い取り組みをしていきたい方は、ぜひご参加下さいませ。

このような方におすすめ

・自社の事業におけるデジタル活用を推進していきたいが、有効な方策を作れていない方
・同業他社や業界外から流入してくる競合に対峙するため、顧客ニーズや自社にとっての有効な事例を効果的にキャッチアップしていきたい方
・既存事業/製品とデジタル技術を組み合わせて顧客に新しい価値を提供していきたい方

登壇者

宮成 勇輔

ストックマーク株式会社

PR/Marketing coordinator

2015年に広告代理店に新卒入社。大手企業の営業担当として、デジタルマーケティング全般の戦略策定・実行推進に従事。その後、国内大手家電メーカーのグループ会社にて新規事業企画を推進。0→1の新規事業の発案と既存サービスの新たな収益モデルの構築を担う。2019年9月にストックマーク株式会社に入社。現在は事業拡大に向けたPR及びマーケティング活動全般を担当。

開催概要

日   時:2021年5月27日(木) 11:00-11:45
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社

※競合企業などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。