mail
MENU CLOSE

イベント告知

製品開発を加速させる!R&Dのための情報収集のススメ

製品開発を加速させる!R&Dのための情報収集のススメ

セミナー概要

製品のライフサイクルが短命化し顧客ニーズも多様化している現代、多くの企業が新たな柱となる製品開発の取り組みを重視しています。その取り組みは『自社で保有する技術の最大活用』を前提としたものとなっており、それに伴い自社のコア技術を知り尽くす研究開発部門の方々がこれからの製品開発の主役となりつつあるようです。

しかし新たな技術の探求がコア業務だった研究開発部門の方にとって製品開発業務は大きなチャレンジであり、顧客に求められる新しい製品企画を行うことは容易ではありません。
実際に弊社でも製品開発部門の方から、「企画立案の糸口が見つからない」「顧客に新しい価値を提供できるような質の高い企画が出てこない」など、数・質の両面がボトルネックとなり事業化につながる製品企画が実現できていないという課題を伺うことが多くなっております。

では、先進的な技術生成のための研究をされてきた研究開発部門の方が、今度はその技術を活用して、顧客に求められる製品開発を企画するにはどうしたら良いのでしょうか。

今回のウェビナーでは、研究開発部門の皆さまが製品開発企画を行う上で欠かせない情報をAIによって効率的・網羅的に収集するAnewsのお客様事例を交え、製品開発を企画するためのポイントをお伝えします。

このような方におすすめ

・製造業でR&D業務、特に応用研究や新規事業開発を担っている方
・新たな製品企画を出してもなかなか製品化・事業化に繋がらないとお悩みの方
・顧客や社会環境・他業界の取り組み事例など幅広い情報を参考にしながら製品企画を行いたい方

登壇者

真嶋 博巳

ストックマーク株式会社

Marketing Unit Leader

大学卒業後、2010年 日鉄ソリューションズ入社。同社では官公庁向けの大規模業務システム/ネットワークシステム等の提案活動においてセールスに従事。システム開発の上流工程から下流工程までを、エンジニアと2人3脚で対応する経験を積む。
2017年にストックマーク入社後、Anews/Asalesの営業担当やプロダクトマネージャーを歴任。現在は、マーケティングやインサイドセールスの管掌、営業企画を兼務。

開催概要

日   時:2021年12月9日(木) 17:00-17:45
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社

※競合企業様などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。

セミナーに申し込む

お申込み後に視聴用URL発行のメールが送信されます。もし、メールが届かない場合は、「marketing@stockmark.co.jp」にご連絡をお願いいたします。