mail
MENU CLOSE

終了したイベント

デジタルプラットフォームを活用した「これからの用途開発」

デジタルプラットフォームを活用した「これからの用途開発」

セミナー概要

製品ライフサイクルが短命化している中、自社の技術を転用し、新たな製品や事業と結びつけることで収益を生み出す「用途開発」が求められています。一方、VUCA 時代という言葉に代表されるように、社会環境が激しく変化する中で、素早く顧客の課題を見つけ解決を目指すことは容易ではありません。

今回はリンカーズ社と共催のセミナーで、「情報収集」「用途仮説の構築」「初期ユーザーの特定・獲得」など用途開発の各プロセスにおける課題に対して、AI による市場動向や技術動向の情報収集を支援する「Astrategy」とリンカーズ社の支援サービスがどのように活用できるのか、事例を交えてご紹介いたします。ご興味がおありの方は是非ご参加くださいませ。

登壇者

田中 和生

ストックマーク株式会社

Astrategy Product Marketing Manage

信州大学経営大学院に在籍しながら起業し、宇宙開発の裾野を広げる事業を推進。卒業後、株式会社日本能率協会コンサルティングにて、国内企業の新規事業創造及びビジネスモデル設計に従事。医薬品、化学品、自動車部品分野を中心に、事業モデルの策定やR&D戦略立案に参画。その後、VALUENEX株式会社に入社し、事業開発責任者として他社とのコラボレーションによる同社の新規事業開拓を担うとともに、事業戦略コンサルタントとして様々な事業分野の新規事業立案や開発テーマ策定に携わる。日経BP等への記事提供や各種講演によるマーケティング活動を行う。2020年、ストックマークの自然言語処理技術の高さに魅了され、Astrategyのセールス担当として入社し、現在に至る。

國井 宇雄氏

リンカーズ株式会社

オープンイノベーション研究所所長 兼 CSO

東京工業大学大学院 生命理工学研究科およびイノベーション・マネジメント研究科卒。
博士(工学)、技術経営学修士、日本IBMにて、コンサルタントとして製造業向けのITソリューション導入に携わった後、Deloitte Tohmatsu Consulting LLSを経て現職。
ITを活用した業務改革、技術を基点にした事業戦略策定、技術動向調査・ベンチマーキング、技術マッチング支援、シーズ技術の用途開拓など、一貫して技術を活用した製造業向けのイノベーション創出を支援している。

開催概要

日   時:2022年2月10日(木) 13:00-14:00
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:リンカーズ株式会社・ストックマーク株式会社

※競合企業様などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。