mail
MENU CLOSE

終了したイベント

R&D部門のための技術マーケティング-技術を顧客価値に昇華する

220728_Anews-Astrategy_R&D×技術マーケティング_1200x628

セミナー概要

「研究開発業務に今、マーケティング視点が必要になっている」
CTOやR&D部門のご責任者の方を中心に、そのようにお考えの方は年々増えてきています。(一般社団法人日本能率協会『CTO Survey2020』より)

従来、マーケティング視点が必要なのは『製品が出来上がったあと、その製品をどのターゲットに、どのように伝えるか/選んでもらうか』という製品開発後、市場展開タイミングでした。しかし近年、研究開発部門に技術を軸にした新製品開発・新規事業開発が求められるようになったことにより、研究開発テーマ選定の時点から既に、市場の想定や顧客ニーズの仮説といったマーケティングの視点が必要になっています。

本ウェビナーでは、研究開発部門に求められるマーケティング視点とは何か、またマーケティング思考を使っていかに技術を価値ある製品や事業に繋げていくかという点にフォーカスしながら、ビジネスニュースを中心にした国内外約35,000サイトをAIで分析し情報収集と活用の生産性を高めるリサーチDXを通じた顧客ニーズや市場動向把握の実現のための情報活用についてお伝えします。

このような方におすすめ

・研究開発テーマ選定時点で市場動向を加味出来ておらず、研究開発が製品化に繋がっていないとお悩みの方
・開発者にとって必要なマーケティング視点について知りたい方
・市場動向や顧客ニーズ把握のための情報収集をしているが、情報の網羅性や分析の妥当性についてお悩みの方

登壇者

橋本 詩織

ストックマーク株式会社

Marketer

2010年新卒として、BtoBに特化したマーケティング支援を行っている株式会社エムエム総研に入社。大企業向けの新規営業に従事したのち、自社の新規事業のマーケティング戦略立案からインサイドセールス、セミナー、クリエイティブのディレクションなど広く担当。並行して自社の組織開発推進を行い、ミッション・ビジョンや自社の経営方針の組織への浸透、人事評価制度の改定などを推進。2021年1月ストックマークに入社。

開催概要

日   時:2022年7月28日(木) 16:00-16:45
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社

※競合企業などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。