mail
MENU CLOSE

終了したイベント

研究開発テーマを考える-技術と市場をつなげる新製品の作り方

220804_Anews-Astrategy_研究開発テーマを考える_1200x628

セミナー概要

製造業の研究開発部門に今求められている「革新的な新製品・新事業創出」。
その機運は年々高まり、今では多くのものづくり企業の中期経営計画に組み込まれ、研究開発部門に具体的な目標が下りてきていることも珍しくありません。以前と比べ、「顧客に選ばれる製品作りを」「事業につながる研究開発を」といった言葉が研究開発現場で飛び交う機会も増えてきたのではないのでしょうか。

しかし一方で、研究の起点となる研究開発テーマを決めるにあたり、従来通りの特許や論文情報から導いた技術的優位性・新規性を重視したり、顕在化した顧客の要望や営業からの要望をベースにした分析結果に注視した選定を行っている、といった実態が多いのもまた事実です。そして同時に、そのような選定フローで決まった研究開発テーマでは、研究が進んだとしても新しい市場開拓や新しい価値を持つ製品の創出にはつながらず、結果として事業につながる研究開発成果につながらないというお悩みを頂くことが多くなってきました。

このような状況から抜け出すための第一歩として「研究開発テーマ決定時に、技術だけではなく市場の観点を持つ」ことが重要です。
今回のセミナーでは、国内外35,000サイトから業務に直結する情報を収集するAnews、また市場を構造的に捉えビジネスチャンスを見出すAstrategyを活用して、技術と市場をつなげる研究開発テーマの創出術についてお伝えします。

このような方におすすめ

・市場ニーズや将来の成長性を加味した研究開発をしていきたい方
・自らの研究成果を新製品や新事業につなげていきたい方
・技術シーズと市場ニーズをどのように結節すれば良いかお悩みの方

登壇者

真嶋 博巳

ストックマーク株式会社

Marketing Unit Leader

大学卒業後、2010年 日鉄ソリューションズ入社。同社では官公庁向けの大規模業務システム/ネットワークシステム等の提案活動においてセールスに従事。システム開発の上流工程から下流工程までを、エンジニアと2人3脚で対応する経験を積む。 2017年にストックマーク入社後、Anews/Asalesの営業担当やプロダクトマネージャーを歴任。現在は、マーケティングやインサイドセールスの管掌、営業企画を兼務。

開催概要

日   時:2022年8月4日(木) 17:00-17:45
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社

※競合企業などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。