mail
MENU CLOSE

イベント告知

技術を用途開発に導くR&Dチームの作り方

220818_Anews-Ast_R&Dチームの作り方_1280x628

セミナー概要

製造業において、自社のコア技術を使った隣接分野や新領域への参入の動きが加速しています。そのような動きの中でR&D部門も、今まで培ってきた模倣の難しい自社独自の技術を生み出すことに加え、「技術を事業につなげ、新規事業開発や新製品開発を推進する」という新しい役割が求められています。

しかしその実現は容易ではなく、用途開発のアイディア創出に苦しんでいる企業が多いことが実態です。なかなか新しいアイディアやプランが出てこない、アイディアが出てきても技術視点に偏ったものが多く社会課題・ニーズの視点が抜けている、など、研究開発現場では様々な課題が指摘されています。

「情報を掛け合わせることで新しいアイディアが生まれる」という経験を多くの方が持っているのではないでしょうか。用途開発も同様に、社会課題やニーズ、隣接業界の市場構造及びそこに存在するプレイヤーや顧客といった市場環境を知ることによって初めて自社のコア技術の用途開発アイディアが生まれます。また、チーム全体で知見や情報を共有することにより、アイディアの量と質を大きく変化させていきます。本セミナーでは、R&D部門の皆さまが用途開発アイディアを創出する上で欠かせない情報をAIによって効率的・網羅的に収集するAnewsのお客様事例を交え、技術と市場をつなげた用途開発を推進するためのポイントをお伝えします。

このような方におすすめ

・コア技術を活用した隣接分野や新領域への参入を実現したい方
・事業アイディアの創出にお悩みをお持ちの方
・市場環境・顧客ニーズ等を効率的に収集し業務に活かしたい方

登壇者

橋本 詩織

ストックマーク株式会社

Marketer

2010年新卒として、BtoBに特化したマーケティング支援を行っている株式会社エムエム総研に入社。大企業向けの新規営業に従事したのち、自社の新規事業のマーケティング戦略立案からインサイドセールス、セミナー、クリエイティブのディレクションなど広く担当。並行して自社の組織開発推進を行い、ミッション・ビジョンや自社の経営方針の組織への浸透、人事評価制度の改定などを推進。2021年1月ストックマークに入社。

開催概要

日   時:2022年8月18日(木) 16:00-16:45
場   所:オンライン(Zoom)
参 加 費:無料 (事前登録制)
主   催:ストックマーク株式会社

※競合企業などのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承くださいませ。

セミナーに申し込む

お申込み後に視聴用URL発行のメールが送信されます。もし、メールが届かない場合は、「marketing@stockmark.co.jp」にご連絡をお願いいたします。