mail
MENU CLOSE

イベントレポート

【レポート】Inside Sales Conference開催〜プロが語る「営業生産性向上に欠かせないポイント」とは〜

12/5(木)虎ノ門ヒルズフォーラムで「Inside Sales Conference 2019 winter」が開催されました。「マーケティング&セールス」の新しい手法としてインサイドセールスが注目されています。近年導入企業が増え、成長期に入ったとも言われますが、各社ごとにそれぞれのインサイドセールスの形を見いだし、自社の課題解決のヒントを見つけるための、セッション、デモ、ビジネスマッチングなど豊富な内容のイベントでした。

ストックマークは、JTBベネフィット様とセッションに登壇し、よりお客様に寄り添う営業活動をするために何をどう考え行動すべきか、またJTBベネフィット様がいま新たに考える顧客価値について、Anews、Asalesを活用した最新の取り組みをお話くださいました。

 

JTBベネフィット様は、福利厚生サービス、健康支援サービスなどの事業をされています。この度、「価値づくり」の変革、モノからコトへの価値の変革に着目し、お客様との関係において、長期的な関係を構築することとお客様にとっての「ありたい姿」を実現することを目標におきました。営業担当者の「感覚」に頼らないSustainable(持続可能)な営業活動と、お客様のことを「よりよく知る」ことの必然性が高まったとのことです。

まず、営業活動における情報収集基盤・情報感度を上げるために、セグメントごとの戦略を見出すきっかけとして、全社に「情報アンバサダー」 を設置し、Anewsを導入しました。またAsalesで、お客様からの情報(テキスト情報)から、お客様が抱えるニーズとウォンツを抽出した情報を共有しました。

対面営業を下支えする、マーケティング活動は、「どんな状況のお客様に」「なんのために実施するか」を考えて行くことが大切です。また、マーケティングと営業の密な連携が必須で、Anews、Asalesなど複数のテクノロジーサービス及び、顧客データの統合基盤を構築・活用し、「よりお客様のありたい姿のために」取り組んでいます。

 

ブースでは、Asalesの詳しい資料やデモをご用意しました。
多くの皆様にご来場いただきましてありがとうございました。

JTBベネフィット様をはじめ、営業活動を変革し、顧客価値向上、顧客理解の深掘りを目指す企業様にとって、Anews、Asalesがより一層お役に立てるよう努めてまいります。


 


Inside Sales Conference 2019 Winter