mail
MENU CLOSE

イベントレポート

【レポート】Salesforce × Box × Asales -AIと実現する 営業のナレッジ活用セミナー開催

2020年1月21日、営業企画・経営企画部門の方、営業の働き方改革を推進部門の方を対象に、セールスフォース・ドットコム社、Box Japan社、ストックマークのコラボレーションで、営業ナレッジの最大化手法をご紹介するセミナーを開催しました。

セッション1:セールスフォース・ドットコムが実践する分業“The Model”インサイドセールス」

最初のセッションではセールスフォース・ドットコム 鈴木 淳一氏より、デジタルトランスフォーメーション時代として企業が新しいテクノロジーを融合させながら生産性・収益性向上を求められている今、セールスフォース・ドットコムが実践するビジネスモデル“The model”について解説いただきました。

労働人口の急激な減少に対し、一人ひとりの生産性を向上が強く求められる時代においてITの力が非常に重要となっています。

“The model”ではお客様獲得までのマーケティング、インサイドセールス、外勤営業全ての部門が完璧に分業をしながらも、各部門のKPIをリレー形式でつないでいて可視化します。データを元にKPIを可視化共有することで、組織全体を見たときにどこに問題があるのかを全員が察知できる仕組みとなっています。

また、セールスフォース・ドットコム社におけるインサイドセールス の仕組みや、重要性についてキャリアプランを含めてご紹介いただきました。インサイドセールスにおいても段階を細かく分け、KPIもしっかりとってデータ化しています。徹底的な分業と横断的なデータのリレーつなぎが大切で、これらが全員で打ち手を考えることを可能にしています。

セッション2:DX時代のコンテンツコラボレーションツール:Boxのご紹介

続いて株式会社Box Japan 村上 哲氏から、Boxの特徴と営業現場での活用法を解説いただきました。Boxは「人と組織の働き方を変革すること」をミッションとしてデザインされています。

1、強固なセキュリティ

2、容量無制限

3、豊富な連携ソリューション

を特徴とし、世界で98,000社超のユーザーを持ち、ハイレベルなセキュリティ要件が求められる米国の国家機関でも採用されています。ガートナーレポートでは、コンテンツを管理するサービス群においてBoxをリーダーとして位置づけています。

最も評価の高い機能の一つがプレビュー機能で120種類のファイルに対応、ダウンロードする事なく内容を確認できるとのこと。また、モバイルアプリで外出先でも利用でき、ロケーションフリーのワークスタイルを実現します。

Boxは使いやすさとセキュリティを両立しており、働く場所、働く時間、働く仲間に制約を設けないフレキシブルワークを可能にし、人と組織のコラボレーション、働き方改革を支援いたします。コンテンツ管理プラットフォームとしてSalesforceなど多くの国内外連携ソリューションがあり様々なビジネスシーンでの活用が可能です。今後はAsalesとも連携予定で、お客様からBox内の資料をAI解析したいというご要望も多く、ストックマークのAIソリューションとの連携が期待されます。

セッション3:「言葉のAI」で実現する、セールスの働き方変革と提案活動の爆速化

最後に、ストックマーク、Asales プロダクト・オーナー原部智哉が登壇。営業活動における最新AI活用法について、ストックマークのAsalesを活用した働き方改革をご提案しました。

また、当セミナー に先立ち2020年1月 20日にプレスリリース した新機能「Slide Finder」もデモを交えてご紹介。AIが営業資料をスライド単位で自動タグ付け、検索することでSalesforceやBoxに蓄積されたお客様情報、商談メモ、企画書・提案書などからお客様のニーズの抽出や埋もれた資料の発掘、必要資料のレコメンドといったことを可能にします。セールスの働き方改革は言葉のAI活用 が重要かつ恩恵が非常に大きい領域であり、Slide Finderは提案業務のプロ セス極小化で営業生産生向上と売上拡大を支援します。

Q&Aセッション

その後、ストックマーク社長室長の森住をモデレーターに3名の登壇者がライブアンケートシステムで参加者の皆様からの質問に回答いたしました。

セールスフォース・ドットコム社のThe Modelについて成功の秘訣や、Boxのセキュリティ要件など多くのご質問をいただきました。Asales Slide FinderにおいてはAI学習の即時性に驚きのコメントも。

新たなツール導入における組織土壌の作り方や重要性についてディスカッションされました。

これからの組織は横串、縦串のナレッジシェアが大切で、膨大な情報量をITを上手に使い、効率的に俊敏に対応できるようになる必要があると考えます。ストックマークは、企業に蓄積され日々流れていく「言葉」の重要性をお伝えし、「言葉のAI」(=自然言語処理)で、お客様のデジタル・トランスフォーメーション(DX)をご支援してまいります。


Salesforce®︎ × Box × Asales-AIと実現する営業のナレッジ活用セミナー

https://stockmark.co.jp/news/seminar/20200121/